2010年04月12日

秒速5センチメートル

桜舞う頃と雪の降る夜に観たくなり
その度にDVDを出して観るアニメ
byousoku 5.jpg

ラストシーンで山崎まさよしの歌が
聞こえてくるとどうしようなく目頭が熱くなる・・・
でも好きな作品なので季節になると観てしまう。

今回のイラストは土曜日、信玄公祭りの開催場である舞鶴城で
ちらほらと舞う桜の花びらを見ていたら
ふいに描きたくなって描いたイラスト
当然描いている最中のBGMは

One more time , One more chance

いつでも探してしまう どっかに君の笑顔を
急行待ちの 踏み切りあたり
こんなとこに いるはずもないのに
命が繰り返すならば 何度も君のもとへ
欲しいものなど もう何もない
君のほかに大切なものなど…

・・・目頭が熱い・・・










posted by tatsuya at 14:26| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 秒速5センチメートル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月28日

ほしのこえ

「ここにいるよ・・・」
A4DBA4B7A4CEA4B3A4A8[1].jpg

広大な宇宙の中、唯一人に届けたい言葉
刹那なる想いは孤独に押しつぶされそうになりながら
未来が見えずとも逢いたい人への思慕をつよくつよく抱きしめ
蒼天の宙の彼方にある愛しい人のいる星へとその眼を向ける

共に過ごしたなんでもない愛おしい日々を・・・
再び過ごせる奇跡を夢みて・・・

自分はこうして今を生きて
あなたを抱きしめているよと
宙に引き裂かれようとも届けたい言葉・・・

「ここにいるよ・・・」


最初にこのアニメを見た時には携帯の電波が届く
8年半はあまりに遠く、
あまりに過去になっているじゃないか
なんて酷い話なのだと思ったのだが、
ある事に気がついたら実は希望に溢れた作品なのだと気がつく・・・

宇宙物理学において相対性理論を当てはめるとウラシマ効果で
ミカコ達の船団の時間はノボル達の地球とは違ってゆっくりとなるの
で携帯の電波を発信したミカコの時間とそれを受け取ったノボルの
平行時間は同じ時間になる。
そうして最後のシーンでノボルはミカコとの時間差を縮めるべく
宇宙へと向かう・・・

新海監督、畏れ入りました。
実にSFとして傑作です。

アニメ以後には漫画では佐原ミズさん、小説では大場惑さんが
それぞれのメディアで「ほしのこえ」の世界を広げています。
漫画ではアニメでは描かれなかった周りの人のエピソードが読めるし
小説はSFとしての奥深さと読了後に開放感が味わえます。

『秒速5センチメートル』に続いて新海誠さんの作品のイラスト
「ほしのこえ」
次は『雲のむこう、約束の場所」を描こうと思ってます。

私がこのブログを始めたのも
「ここにいるよ・・・」
と語り掛けたかったから・・・
私を知っている人
知ってくれた人に
こころをこめて・・・









posted by tatsuya at 09:22| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 秒速5センチメートル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月16日

秒速5センチメートルafter

秒速5センチメートルafter.jpg


時期が大きく違いますがふいに秒速5センチメートルを描いてみたくなり
とりあえず背景を作成してみました。
オリジナルのイメージに近づける様にまだ調整中ですが
途中経過を載せてみました。

秒速5センチメートルのラストシーンは賛否両方あり

観た後しばらく鬱な状態になっていましたが、
あそこで明里が待っていたら
そこから先はなんか昼メロの様な展開があるじゃないかと考えたのですが、
まあそうなるとオリジナルのイメージはなくなるでしょうし
小説を読んでみるとなんとなく納得する終わりかなとも想うのです

が、・・・・

せめてと想って貴樹が立ち去った後もしかして明里が
そっと戻って来てその姿を見送っている・・・・なんてシーンがあってもいいかな?
と、描いてみた明里側の踏切の絵の背景です。

(↓)youtubeで見つけたmr.childrenくるみのMADです。



出會いの數だけ別れは揩ヲる
それでも希望に胸は震える
引き返しちゃいけないよね
進もう 君のいない道の上へ

というのが秒速5センチメートルのラストシーンに合う気がします。

この歌が主題歌だった映画「幸福な食卓」は
甲府近辺が撮影に使われ映画を見ていると知っている光景がたくさん出てきます。
・・・・っていうか近所です。
映画で出てくるFRESHNESS BURGERは私のお気に入りのお店です。
http://www.freshnessburger.co.jp/









posted by tatsuya at 12:19| 山梨 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 秒速5センチメートル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ